歯科診療

歯周病

犬と猫では歯周病が大変多く、3歳以上の約80%が歯周病に罹患していると言われています。

歯の表面に歯垢が付着してそこに菌が増殖し、歯肉に炎症反応が生じます。この炎症はそのままにしておくと歯肉のほかにセメント質や歯根膜、歯槽骨といった歯周組織にまで及び、これら歯周組織が壊れていってしまいます。最終的には歯がグラグラして抜けてしまい、さらに悪化した場合には鼻から出血したり、顎の骨が折れてしまったりすることもあります。

重度な歯周病

歯科処置

全身麻酔下で歯石除去および研磨を行い、歯周ポケットまできれいにします。必要に応じてレントゲン検査や抜歯などを実施します。

 

歯科処置当日の流れ

①午前中にご来院いただき、わんちゃん・ねこちゃんをお預かりいたします。

②事前に血液検査やレントゲン検査などを実施し、全身の評価を行います。

③全身麻酔下にて歯科処置を実施。

④夕方にお迎え。(歯科処置の内容によっては入院していただき、翌日のお迎えになることもあります。)

歯石除去前
歯石除去前
歯石除去後
歯石除去後