腫瘍診療


獣医療の目覚ましい進歩、食生活の変化などによって、人間同様犬猫の寿命も飛躍的に長くなり、動物病院では腫瘍疾患を診察する機会が増えてきました。

腫瘍というのは、犬猫においても多くの種類があり、それぞれに異なった治療法が存在します。みのわ動物病院では、ご家族にとって最善の選択肢、治療法をともに考え、そしてともに立ち向かっていくお手伝いをさせていただきたいと考えております。

診察・検査・治療の流れ

検査

体表の腫瘍は、多くの場合、腫瘤つまりしこりとして発見されます。そのほか、元気や食欲の低下、嘔吐や下痢など消化器症状、なかなか治らない皮膚病といった症状の原因が腫瘍である場合もあります。

そして腫瘤が発見された場合、その腫瘤の正体が何なのかを知るために検査が必要となります。

以下に実際に行う検査を紹介します。

細胞診検査

この検査は、注射用の細い針を用いて、腫瘤の細胞を採取し実施します。胸水や腹水、尿などの液体に含まれる細胞を採取し検査を行う場合もあります。

得られた細胞により、腫瘤が炎症なのか腫瘍なのかを考え、今後のさらなる検査や治療の必要性を検討します。通常正体を確定する検査ではありませんが、中には確定診断に至る情報を得ることができる場合もあります。

この細胞診検査は、多くの場合全身麻酔の必要はなく、比較的負担の少ない検査になります。

生検検査

この検査では、腫瘤の一部または全部をある程度の塊として採取します。採取した塊を用いて病理組織学的検査を行うため、細胞診に比べて診断精度の高い検査になります。

レントゲン検査・超音波検査・血液検査

これらの検査では、腫瘍の広がり方や転移の有無を確認したり、腫瘍の合併症や手術の安全性を評価したりします。必要に応じて大学病院などにCT検査をお願いすることもあります。


上記の様々な検査により診断がついた場合、その後に必要とされる治療についてご説明させていただくことになります。

その際、その腫瘍の特徴、現在の患者さん状態、それぞれの治療方法の成績などから治療方法を考えていくことになります。

また、治療には、腫瘍を完全になくすことを目的とした根治的治療、腫瘍と上手に付き合っていくことや腫瘍によって起きている症状を緩和することなどを目的とした緩和的治療、支持的治療があり、何を目的として治療を行っていくのかを明確にする必要があります。

そして治療を実施している最中も、その治療が目的に沿ったものになっているのかを充分確認しながら進めていくことがとても重要です。

治療方法

外科手術

根治的治療を目的に行う場合の第一選択の治療法になります。緩和的治療を目的に実施することもあります。手術の方法は、腫瘍の種類や発生した部位によって異なります。状況によっては、腫瘍自体の切除だけではなく、隣接するリンパ節や組織を同時に摘出する場合もあります。

化学療法

いわゆる抗がん剤治療のことを言います。リンパ腫ように抗がん剤治療が治療のメインになる場合や外科手術を実施後、腫瘍細胞が残存している可能性を考慮して補助的に行う場合があります。抗がん剤治療のイメージといえば、副作用がまず頭に浮かんでくるのでなないでしょうか。しかし、犬猫の抗がん剤治療において、その副作用は皆さんがイメージされているものより軽度なことが多いですので、治療法の選択肢として充分に検討して良いと考えられます。

放射線治療

発生部位などにより、外科手術による切除が難しいと判断される腫瘍や手術後の再発の可能性が考えられる場合、疼痛緩和を目的とする場合などに選択されます。この治療を実施するためには全身麻酔が必要となります。

免疫療法

免疫細胞療法やインターフェロン療法がこれにあたります。患者さんの身体的負担が少ないことが特徴の治療法になります。


腫瘍治療では、治療目的をはっきりとさせ、患者さんとご家族の方にとって最善の選択肢を選んでいくことが重要だと考えています。

しかし、その選択肢はどれなのか、決断することはとても難しいことでしょう。また治療中に不安に感じることも多いと思います。そんな時は当院のスタッフが少しでも支えになれたら、と考えております。