犬の多発性関節炎

多発性関節炎

今回は犬の多発性関節炎という病気について。

今回のわんちゃんは数週間前から何となく動きが悪く、食欲の低下もみられるとのことで来院されました。また少しよろよろとした歩行をしているとのことでした。

身体検査では発熱が認められ、血液検査ではCRP(C反応性蛋白:炎症や組織障害によって増加する蛋白)値の上昇がみられました。レントゲン検査や超音波検査では特に異常はみられませんでした。

数日間、感染などの炎症に対し治療を行いましたが、改善がみられないため、多発性関節炎を疑い関節液検査を行いました。

関節液検査は関節内に注射の針を穿刺し、関節液を採取して行います。通常関節液は透明で粘稠性が高い液体ですが、この病気のように関節内に炎症が生じると粘稠性の低いサラサラとした液体になってしまいます。さらに関節液を顕微鏡で観察すると、多発性関節炎のわんちゃんでは好中球などの白血球の細胞が認められます。

今回のわんちゃんの関節液も粘稠性が低く、白血球が多数確認されました。したがってこれらの所見から多発性関節炎と診断し治療を実施しました。

多発性関節炎は、免疫異常によって自分自身の関節内の細胞を攻撃してしまう自己免疫性の疾患です。したがってステロイド剤などを用いた免疫抑制を目的とした治療を行います。治療は長期間に及ぶことが多く、投薬を終了できる子もいますが、ずっと継続が必要になる場合も少なくありません。

今回はステロイド剤を用いて数日中に良好な反応が得られ、活発で食欲旺盛な子に戻ってくれました。今後はこの子に合った治療法でしっかりとコントロールしていってあげたいと思います。