猫のフィラリア症

以前、犬のフィラリア症についてお話しさせていただきましたが、今回は猫のフィラリア症についてのお話です。

実は猫も犬の犬糸状虫に感染するんです。ご存知でしたか?

猫は、犬糸状虫の元々の宿主ではなく、犬のように肺や心臓でフィラリアが成虫まで発育できないということや、猫のフィラリア症が他の病気の症状と区別がつきにくく、確定診断がむずかしいことから、猫のフィラリア症に対してあまり知られていませんでした。しかし、猫の感染や発症の確率は、今まで考えられていたよりも高いという報告もあり、注目されるようになってきました。

感染経路は犬と同じく、蚊に刺されることで幼虫が体内に侵入します。幼虫は皮膚を移動しながら発育し、やがて血管内に侵入します。多くの場合、幼虫は血管内で死滅しますが、この時肺に炎症反応を引き起こします。これは、Heartworm Associated Respiratory Disease(犬糸状虫随伴呼吸器疾患;HARD)として知られ、喘息やアレルギー性気管支炎のような症状を呈します。稀に、成虫に発育し、肺、心臓に寄生し、通常2年もしくはそれ以下で成虫は死滅しますが、死滅した虫体による肺の重度炎症や塞栓症によって、重篤な急性肺障害や突然死を引き起こします。

主な症状は、咳、呼吸困難、嘔吐、食欲不振、元気消失、体重減少、突然死など様々です。先ほど言ったように、他の病気でもみられる症状のため分かりにくいんです。

感染してしまった場合、いい治療法はありませんので、とにかく感染させないこと、予防が何より重要です。

猫のフィラリア症は、きちんと予防を行えば確実に防ぐことのできる病気です。大切なご家族を守るため、正しい知識を身につけ、予防に関して考えてあげてみてください。

当然、みのわ動物病院のうめさん、ライ君も毎月予防していますよ!

IMG_2357