会陰ヘルニア整復手術

先日、行った会陰ヘルニア手術について。

最近去勢および避妊のページを新しくアップしましたが、それにちょっと関わるお話です。

会陰ヘルニアは中高齢以上の去勢手術をしていない雄犬で多くみられる病気です。男性ホルモンの影響により会陰部(肛門と生殖器の出口周辺)の筋肉(肛門挙筋、外肛門括約筋、尾骨筋など)が委縮して、筋肉間に隙間ができてしまい、そこから腸管、膀胱、腹腔内脂肪などがとびだしてヘルニアを形成します。

そして、主に排便困難、排便痛といった症状がみられ、膀胱がとびだした場合には排尿困難により緊急処置が必要になることもあります。

治療は内科治療もあるのですが、基本的には外科手術を行います。

会陰ヘルニアの外科手術には様々な方法がありますが、目的は同じで、開いてしまった筋肉の隙間を閉じてあげることです。周囲の筋肉を寄せてきて縫合する方法、人工物を埋没・装着する方法、睾丸を包んでいる総鞘膜という膜を縫合する方法などいろいろあります。また、再発を減らすために開腹して直腸、膀胱、前立腺をもとの位置に縫い付けておく手術を同時に実施することもあります。

今回手術した子は、肛門の両側ともに筋肉が委縮し、特に右側から小腸がとびだしてしまっていました。やはり排便しにくく、辛そうにしていました。

IMG_2358

今回は、去勢手術および開腹しての直腸固定と内閉鎖筋フラップという方法を組み合わせた手術を実施しました。

IMG_2427

術後、きちんとした便がスムーズに出るようになってくれました!

今回の会陰ヘルニアのほか、肛門周囲腺腫や前立腺肥大など、去勢してあげることで予防できる病気がいくつかありますので、去勢していないわんちゃんは今後去勢手術は検討してみてはいかがでしょうか?

ちなみにこの子は保健所からレスキューされたわんちゃんのようで、新しい飼い主さんも決定しているそうです。優しい飼い主さんのもと、幸せに暮らしていってくれるといいですね。