乳歯遺残

今回はわんちゃんの乳歯遺残について。

わんちゃんの歯はおよそ4~7ヶ月くらいの間に乳歯が抜け落ち、永久歯に生え変わります。

しかし、小型犬で多いのですが、永久歯が生えても乳歯が抜け落ちずに残ってしまうことがあります。(乳歯遺残)

この乳歯遺残をそのままにしておくと、乳歯と永久歯の2本の間に歯垢、歯石が溜まりやすくなり、将来的に歯周病を引き起こしてしまう恐れがあります。

したがって、遺残してしまった乳歯は抜歯することになりますが、去勢・避妊手術をする場合に、同時にしてあげることもできます。

6~7ヶ月齢のわんちゃんで乳歯が残っている場合は獣医師に相談しましょう。